何十回と転職している息子から電話がかかってきました。

出勤2日目が終わったところ。

いつも彼が就職する会社はいわゆるブラック企業というやつで、話を聞いていて、そんな会社が存在するんだーと驚くばかりなんですが、今回は面接の方も感じよさげで、条件もなかなか良さそうです。

と思ってたら、今までと変わらず、出勤してみなきゃ実情が分からないってやつでした。。
PR
半額



つまり、彼が出勤してみると、仕事内容が話と全く違ってたとのこと。勤務時間もバカ長く、残業手当もつくのか怪しい感じ。

最初は電話口で冗談言ってた彼も、仕事のこと話していて思い出したのかだんだんと不機嫌になってきてました。思わぬとばっちり受けましたよ。。

仕送りして、愚痴聞いて、とばっちりなんて、バカバカしくって思わず怒鳴り散らそうかとも思ったけど、以前怒鳴り散らして面倒なことになったのでひたすら沈黙してたら、「明日も仕事が早いから寝る」と言って、大人しくなり電話を切りました。。

なんでうちの息子ばっかりこんなについてないんだろう?ってつい思ってしまうけど、きっと知らないだけで、みんなそれぞれにいろいろあるんですよね。

「起こることはただ起こる、意味はない」と思うこととし、もやもやしながらも私もあまり考えないようにしました。

以前なら、私も息子を怒鳴り散らしてダンナにギャーギャー言ってたんだけど、成長したのかも(笑)


彼からの電話は、要するに、仕事の近況の報告というよりも自分がひとりでやりたい仕事に資金援助をして欲しいといったもの。

でも、今までに何度かいろいろ資金出してきてうまくいってない経過みてるし、やりたいことの内容を聞いてみても、そう簡単にいきそうでもない。というか、彼にそれだけの覚悟や事前準備がまったくできていないと主人も私もみてるわけだけど、そんなのは彼には伝わっていない模様。

自分の若いころとつい比べてしまうのは悪い癖でもあるんだろうけど、自分は親にお金を出してもらったことないし、出してもらおうと思ったこともないのに、なんでだろう?といつも不思議だし、甘えすぎだろと、イライラする。


でも昨夜、ドラマ黄昏流星群を見ていてなんとなくわかった気もしてきた。真璃子(中山美穂)と完治(佐々木蔵之介)の娘美咲(石川恋)の言ってることや行動を見て。

口では立派なことをつらつらいってるくせに、やってることはめちゃくちゃ。結果、自分がやりたいふうにしか行動してないという。ある意味羨ましくもあるけれど、あれが若さだし、今の若者なんだろう。

ドラマの内容とうちの息子の今の状況はまったくもって違うのだけど、美咲を見てたら、息子とかぶってきた。。

結納もすませたのに、「先生とロンドンに行く」と家を出た美咲。結納前にお母さん(真璃子)が「結婚をやめるなら今だよ」って言ったじゃんけーー!!とひとり、心の中で叫んでしまった。。もちろん私は真璃子の立場だから。

来週の予告では、真璃子と完治が美咲の婚約者春輝の母親に土下座して謝っていましたね。たしか、塩をぶち当てられてたような・・。

あれみると、私はまだ土下座までしたことないから、まだましかなーと思えたりして。

子供は青春真っただ中。自分のことしか考える余裕がないんですよね。それでも許せるのが親なんだろうし。しょうがないなーって。

ということで、今日は晴天!主人がイオンに連れて行ってくれるっていうから楽しくお買い物してきます。

子供がお金なくてヒーヒー言ってるのに、自分だけいろいろ買ったりあちこち行くのってなんだか悪い気がしてたけど、ホントそんなのバカらしい。

彼は彼の選んだ毎日を生きてるわけだし、私も今日を楽しく生きたい。

昨日は、かなりブルーな一日だったけど、今日は気分もいい。きっと、イオンに連れて行ってもらえるからかな。単純(笑)
関連記事
スポンサーリンク
 カテゴリ
 タグ
None