今季楽しみにしているドラマの一つ「僕らは奇跡でできている」。いいですね~1話から大好きなドラマです。そしてここ最近は、毎回涙してみてます(T_T)

高橋一生さん、全然好きじゃないっていうか、顔しか知らなくて、その顔が好みじゃなく嫌いだったのですが、初めてみた彼の作品「僕らは奇跡でできている」を見て、すっかり魅了されてしまいました。

いまさらながら、高橋一生さんの人気が理解できました( ;∀;)


ところで昨夜の放送は「僕らは奇跡でできている」の第8話でしたね。

もうもうもう、やっぱり涙です。。

山田さんがお母さんだから、あんなユニークな天才くんが生まれたんだ!って思いました。
で、山田さんにはふかーい事情があって息子の一輝と離れ離れになったのだろうと想像してました。

そしたらなんと、全然違ってましたね。。
PR
半額



山田さんは、普通のお母さんだったのです。世間からいい子と言われる子供に育てようとしたし、いいお母さんと言われたいと思ってたし、育児ノイローゼ気味だったみたいだし・・。


逃げるまではしなかったけど、私の子育て時代と同じだなーと思ってしまいました。

ミルクを飲まなくなってなかなか出ない母乳だけだったので、1日中おっぱいやってて気が狂いそうだったし、幼いころからかなり変わっていると言われていたし、実際行動も他の子と違ってて変わっていたし。いつも保育園の先生の手をやかせていましたからね。

でも、私はおっぱいのほかは、そう苦ではありませんでした。自分が普通過ぎて優等生として見られたいという思いでずっと生きてきたので、ハチャメチャな我が子が羨ましいし、きっといい個性として伸びてくれるものと信じていたからです。


ただそれも小学校までだったかな。中学校からは、上級生ににらまれたり、赤点とって学校に呼び出されたり、朝起きられなくて学校に遅刻ばかりする日々が続くようになって、先生から私が度々注意されるのが苦痛で苦痛でしかたありませんでした。

私が悪いんじゃないのに、なぜ私がそんなこと言われるの?っていっつも思ってました。私はがんばって子育てしてきたのだから、もうこれ以上何もできない、あの子は私に似てない。っていつも思ってました。

自分の思い通りにならない息子との生活が続くわけで、いっしょに住むのもあと何年かだから、と自分に言い聞かせながら日々を送っていた気がします。

そんな親の心情を子供は察するものなんでしょうね。

専門学校に入るために家を出てから、「仕事がないんなら帰ってくれば?」と言っても決して帰ってくることはありません。

今は、泊まることもなくなってしまいました。

連絡があるのは、お金が必要なときばかり。。



で、「僕らは奇跡でできている」の第8話に話は戻るのですが、つまりはストレートに言ってしまえば、山田さんは一輝を捨てて出て行ったわけです。

でもその話を聞いて一輝は、「明日帰ろう、明日帰ろう、って先送りする癖が山田さんにあったんですね。自分の先送りする癖は山田さんに似てるんだって思ったら嬉しかった」って言ってました。

自分が生まれる確率を計算しようとしたけど無理だった。精子から自分が生まれる確率は20億分の1で、山田さんがお父さんと出会う可能性とか山田さんが自分が生まれるまで生きていた可能性とか、そんなこと考えてたら、一輝が生まれたのは奇跡だって。

なるほどー、それでタイトルが「僕らは奇跡でできている」なんだって、ここでやっと分かりましたね。


それで一輝がいうんですよ「山田さん、僕を生んでくれてありがとう」って。(T_T)

そんなこと、自分の子から言われたことなんて1度もないどころか、「死んでしまいたい」「そんなことなら死んだほうがましだ!」とか、そんなことしか言われたことないです。

もう、この高橋一生と戸田恵子さんの二人のシーンは涙無くしては見れませんでした。。

私も死ぬまでに、一度でも「ありがとう、生まれてきて良かった」って言ってもらえたらなーなんてふと思ってしまいました。


そして、一輝のじーちゃんがまたいいんですよね。田中泯さん、めちゃくちゃカッコいいですよね。何歳か調べたら73歳なんですって。この年齢でこんなに魅力的な男性ほかにいるかな?ってくらいカッコいい。

その一輝のじーちゃん(田中泯)と一輝(高橋一生)の会話がまた良かった。

なんで山田さんは、5年とか10年とかじゃなく11年経ってから戻ってきたんだろう?」っていう一輝に、じーちゃが「11年だからさ、一輝のところに戻るのに11年だっただけだよ

って答えてましたね。すげーーーーじーちゃん。だよね、だよね。理由なんてないんだよね。それだけだよね。うんって思いました。

(そこで、いろいろ理由を考えて、ありもしないことを、たいていは自分が可哀そうに思えることを想像しまくるから、恨みつらみが出てきたり問題になったりややこしくなるんだろーな)


で、それに納得できる一輝もすごーーーーい。

一輝は山田さんの明るさももちろん引き継いでるけど、やっぱじーちゃんの血だよねって思います。


というわけで、「僕らは奇跡でできている」8話も感動いっぱいのお話でしたってことが言いたかったのですよ。自分の子育てや子供ともかぶって。。


ついでに「僕らは奇跡でできている」の感想をもっというと、育美(榮倉奈々)は彼氏とまだ別れていなかったんですね?復縁?と思ったら、きれいに別れるための山登り?( ;∀;)


樫野木先生(要潤)の今後も気になりますね。奥さんに未練あるみたいですし。

新庄(西畑大吾)が見てた動画は沼袋先生(児嶋一哉)なの?私は全然意味不明だったけど、うちのだんながそう言ってたんだけど。そういえば、なんか蟻の仮面かぶってたっけ?

で、「僕らは奇跡でできている」8話ラスト、なんで一輝がプールで泳ぐシーンで終わるの?飛び込み、あまり上手じゃなかったよ。

いろいろと意味わからず不明ですが、だからこそこの先の展開が面白いわけですよね。


友人は、高橋一生さんが好きじゃなくて、一輝のキャラも好きじゃないからって「僕らは奇跡でできている」を見てないようですが、もったいないなーと思います。というのも私の勝手な思い込みに判断ですが。

まあ、私は見たいから見るだけですよね。それでいいのだー。



関連記事
スポンサーリンク
 カテゴリ
 タグ
None